パソコンの不具合は再起動で確認

Windows10は、標準で高速スタートアップが有効になっています。
高速スタートアップが有効になっていることで、パソコンをすばやく起動することができます。
この機能は、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存し、次回起動時に、保存済みの情報を読み込むことで起動速度を高速化することができます。
しかし不具合の原因も記憶されてしまうデメリットもあります。

Windows10が搭載されたパソコンの調子が悪い時、不具合を解消する操作としてはじめに確認しておきたい操作が「再起動」です。「再起動」は、不具合の原因を引き継がずに起動できるので、トラブルを解消できる可能性があります。