職場のパソコンをリモート操作する方法

NTT東日本と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、契約不要、ユーザー登録不要で利用できるリモートデスクトップ型テレワークシステム シン・テレワークシステム の提供をスタートました。

職場のパソコンに専用ソフト「シン・テレワークシステムサーバー」、自宅のパソコンに「シン・テレワークシステムクライアント」をそれぞれインストールし、サーバーIDやパスワードを入力することで、自宅から職場のパソコンにリモートアクセスできます。

職場のパソコンがプロキシやファイアウォールの内側にあっても、ポート転送や例外設定を追加する必要もありません。
※企業のセキュリティポリシー上、ファイルの持ち出しを禁止したい場合、サーバー側にはファイルの転送を禁止する「共有機能無効版」機能も実装されています。